不動産投資や金で資産運用を行おう|ビジネスワーク

不動産

高い利回り率

REITと呼ばれる不動産投資信託は多くの不動産に投資している事から運用益減少などのリスクを軽減出来ます。不動産投資信託は株や国債よりも運用利回りが高いのですがその運用益は投資家への還元を優先しているので利回りも良いです。

Read More

積立方法がある

金の値段は小さな下落はあるが基本的には上昇していて、戦争や金融不安など有事に強い資産であるので保険代わりになります。純金積立を毎月買い付けることにより値段により購入量が自動調整できるので管理が楽です。

Read More

投資をする前に知る情報

不動産投資信託を理解するならコチラから。個人ではなかなか所有できないビルやマンションの権利を購入することができます。

金利も下がっています

中古マンション市場が活況となってきました。価格が3年前くらいに比べて20%から30%上昇してきており、警戒感を覚える人も出てきています。しかし、中古マンションでの不動産投資はまだまだ成長の余地があります。なぜならば、資金調達をする際の金利も下がってきているからです。3年前は3%程度で借りていたローンが今では2%前後まで下がってきているケースもあります。金利が1%変われば、コストも大きく変わります。1000万円の借り入れをしていれば10万円の違いとなります。もちろん、借入残高は返済が進むにつれて減っていくので、金利負担も年々軽くなっていきますが、この調達コストの差は投資をするうえではとても重要なことと言えます。

価格下落は怖くありません

中古マンションでの不動産投資における表面利回りと金利の差が実質的な利回りとなりますから、表面金利が下がっていてもローン金利も同様に下がっていれば、中古マンションの販売価格が多少上がっていることは気にしなくても良いのです。次の不動産不況がいつやってくるのかはなかなか正確に掴めません。不動産価格の下落を恐れて、その時まで定期預金などで運用をしていた場合と、多少割高でも中古マンションを購入して不動産投資をしていた場合とでは、両社の運用の差が格段に異なります。仮に6%で運用できていたとすれば5年後に不動産市況が悪化してもそれまでに30%の収益を得ているわけです。つまり、30%の価格下落にも耐えられるのです。

ゴールドは株より強い

古代より取り入れられていたゴールドの投資は、普遍的な人気を誇っています。これから資産運用を始めるなら価値が下がらないゴールドを選ぶことが一番であり、買い時や売り時を見極めることが重要になってきます。

Read More